自分を追い込む!

ベンチプレス100kg達成!2013年7月20日に筋トレ(ウェイトトレーニング)を開始。トレーニング報告に加え、関連情報も発信していきます!

バーベル・プレート

使用経験を踏まえたおすすめのプレートラック・シャフトラック

投稿日:2018年9月29日 更新日:

今回はプレートラック、プレートシャフトラックのおすすめを紹介したいと思います。

私は既に所持しているのですが、趣味のネットショッピングをしていたらなんか良い商品を見つけたのでそれの紹介になります笑。

こっち買っとけばよかったなあーとか思いつつ、まあ私が購入したときにはまだ取り扱いがなかったのでしょうがないですね。

というわけで、さっとプレートラックを選ぶときのポイントなんかも含めて解説していきます!

プレートラック・シャフトラックがあるとプレート類の整理に便利!

プレートシャフトがあると何が便利かというと、シンプルにプレートの整理がしやすくトレーニングルームを綺麗に使うことができる、ですね。

プレートの数が増えてくると、全部床に置いとくと普通に邪魔ですし、プレートの重量が重くなると床に平置きされたものに指を引っかけるだけで意外とストレスです。

プレートラックにかかっているののであれば、普通に穴に手を通してとりだすことができるのでストレスフリーですね。

プレートラックを選ぶときのポイント

これだけ押さえとけばプレートラックを選ぶのに困らない選ぶポイントです。

プレートを引っかけるツリーが何本あるか。一般トレーニーなら6本でも困らないと思います

まずは、プレートを引っかけるツリー部分が何本あるかです。

だいたいは6本か7本です。

これは想定する使用プレートの数をイメージしたほうがいいでしょう。

だいたいは、

1.25kg, 2.5kg, 5kg, 10kg, 15kg, 20kg の6本

で事足りると思いますが、枚数が増えるとツリーに収まり切らないやらがあるので、まあ多いに越したことは無かったりしますね。

本格的にビッグ3を追及するならばいずれにせよ足りなくなると思われるので、まあそのとき考えたらいいと思います笑

が、普通の人ならば6本あればそんなに困らないと思います

バーベルシャフトラックがあるかどうか。基本的にはあったほうがいい。

バーベルシャフトを縦置きできるかどうかは意外と重要です。というか必須ですかね?

パワーラックや、ベンチプレス台などがありそこにバーベルを置きっぱなしにできるのであれば必要はないのですが、シャフトを複数本所持するのであればいずれにせよシャフトラックは必要になります

バーベルを床に置きっぱなしにすると、はっきり言って邪魔です。

縦置きしたほうがすっきり整理できるのでおすすめです。

壁に設置したときにプレートとシャフトがとりだしやすいか。収納する場所が片面に揃ってたほうが良いです

次は、プレートラックを壁際に置いたときのプレートやシャフトの取りだしやすさです。

左は私が所持しているものなのですが、、、壁際に置いてしまうと、奥のバーベルが壁側にいってしまいとりだすときにちょっと気になります。

一方、右側のようなタイプであれば、手前側にバーベルを立てておけるので壁際に置いても問題ありません

私が購入したときには無かった商品なので右を選べなかったのは残念ですが、今なら普通に右側のタイプを選びますね。

これを買っとけば間違いないのはリーディングエッジのプレートラック LE-OPT830

というわけでここからはおすすめのプレートラックを紹介していきますが、上記を考慮するとリーディングエッジのプレートラックはめちゃくちゃ良い作りしてますね

プレートシャフトラックが全て手前側に来てるので壁際に置くことができる

あと、地味にラックの先端にスプリングカラーを指しておけるのは便利だと思います笑。

価格は9,600円と、プレートラック類では最安値というわけではないのですが、機能を考えると全く高いと思いません。

メーカー:リーディングエッジ
モデル:ダンベル バーベル用プレートラック LE-OPT830
価格:9,600円
装着可能重量:300kgまで

ツリーの本数が多めでシャフトを置けるのはフィールドア(FIELDOOR)のプレートラックですね

お次はフィールドアのプレートラックです。

ツリーの本数が7本のタイプで、プレートシャフトラックの収納付です。

壁際に置いた場合、壁側にシャフトが来るのですが、2本は手前側に来るので別にそこまで気にならないと思います。

逆に、シャフトを何本も所有してるのであれば、トレーニングスペースも確保するぐらいの余裕は欲しいですね!笑

リーディングエッジのものより価格は安いので、こちらでもいいかもしれませんね。

ポール一本あたりの耐荷重は50kgです。

まあ20kgプレート2本おいても大丈夫なので気になる重量ではないですね。

ラックの全体での耐荷重は200kgと少し下がっています。

メーカー:フィールドア(FIELDOOR)
モデル:プレートラック
価格:7,980円
プレートラック全体の耐荷重:200kg
ポール一本あたりの耐荷重:50kg

オリンピックプレートの場合はアイロテックので良いでしょう

オリンピックバーベルセットで揃えている場合には、アイロテックのもので十分だと思います。

オリンピックバーベルの場合は、普通パワーラックなりベンチプレス台にバーベルは置きっぱなしだと思うので、シャフトラックについては不要でしょう。

というかオリンピックバーベルは220cmなので縦置きしたら大変な長さになってしまうので・・・笑。

メーカー:アイロテック
モデル:プレートラックオリンピックタイプ
価格:10,908円

ちなみに私が使ってるのはファイティングロードのプレートシャフトラックですが、今だと正直微妙ですね笑

ちなみに、私が過去に購入したのはファイティングロードのプレートシャフトラックなのですが、今だと正直あまりおすすめではありません・・・笑。

購入当時は送料込みで6500円ぐらいだったのですが、なんか今は倍ぐらいになってますねw

まあ商品自体は別に悪いものでもなく、もう数年使っていますが壊れそうな感じも無いのですが、今たくさん選択肢が増えるとどうかな~って感じです。

まあ、私が所持してるのはこれなので一応紹介しておきました。

耐荷重は、一応公式で360kgなので、結構がっしりしているようですね(ようですねとかいう他人事笑)。

メーカー:ファイティングロード
モデル:プレートシャフトラック
価格:12,420円
耐荷重:360kg

まとめ:バーベルを使いだすとプレート類の整理に便利なのでおすすめです!

というわけでおすすめのプレートシャフトの紹介でした。

私が所持しているものはおすすめできないとか書いてるので記事としてはどうなんだって感じですが笑、まあどんどん新しいメーカーやら新しい商品が出てくるのでしょうがないですねこればっかりは。

まあ私の使用経験を踏まえて選び方のポイントを書いているので、それを参考にすれば失敗は無いと思います。

ラック自体の構造は複雑なものでもないので、そんなに粗悪な商品も少ないかなという印象です。

管理人が実際に使用しているトレーニング器具やサプリメント一覧は以下の記事で!

生粋のホームトレーニーの私は最終的に全て自宅でトレーニングを行いたいと考えており、順番にトレーニング器具を揃えていっています!

今後購入予定のモノを含めてそれぞれ詳細にレビューしているので、自宅でのトレーニングを考えている人は是非参考にしてください^^

おすすめのダンベルと選び方を徹底解説!

筋トレ用品紹介

プロテイン徹底レビュー

サプリメント

海外プロテイン・サプリメントの購入はiHerbがおすすめ!紹介コードで何回でも5%オフ

トレーニングを続けサプリメントにも興味が出てくると必ず通る道が「海外プロテイン・海外サプリメント」、この海外ブランドのサプリを購入するのに絶対おすすめなのが「iHerb」です!

おすすめな理由は、「発送が圧倒的に早い・安い・セールが高頻度で行われている・そして商品がめちゃくちゃ豊富」ということです!

更に4000円前後以上の購入で送料が無料になるという超嬉しい制度になっています。まさに使わない理由はありません!

また、iHerbは紹介制度を力を入れており、紹介コードを利用すれば新規・既存の会員問わず「何回でも」5%オフされます。

私の紹介コードは「CIL6815」なので、よろしければお使いください!このコードを利用していただけると私には5%分のクレジットが還元されます。当ブログ更新の励みにもなるので、応援の意味でも使っていただけると幸いです。

以下のリンクは、私の紹介コードが既に含まれているので、代金は5%オフとなっています。

-バーベル・プレート
-

関連記事


  1. max より:

    私もホームトレーニーでアイロテックのプレートが1.25~15kgまであります。
    新居に引っ越すタイミングで紹介していたプレートラックを買おうと思いますが
    アイロテックのシャフトでしたら収納可能ですよね?
    LE-OPT830

    家でベンチプレスをしてみたいのですが、ストレートバーはやはり160mmが現実的ですかね?
    セーフティは200mmからですよね。。

    • masa より:

      アイロテックのものならば問題無く使用できます
      トレーニング用品のプレートの穴・シャフトのプレートスリーブ径はだいたい28mm(レギュラータイプ)か50mm(オリンピックタイプ)に統一されています

      結局はトレーニングスペース次第なのですが、160cmだとセーフティをかます長さの余裕が無いので一人でトレーニングするならば危ないので推奨はしません
      できるだけ長さを抑えたいのであれば、アイロテックが「ワイドグリップ180cm」というシャフトを出しており、これならばグリップ部分の長さは200cmのものと同じなのでセーフティは問題無く使えるかと思います

気軽にコメントしてください!

質問・雑談・ご指摘なんでもOKです。記事にしてほしいことなども気軽にどうぞ^^
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認・承認後公開されるので、送信後反映されるまでしばらくお待ちください。

CAPTCHA


名前:マサ
年:1992年生
身長:177

BIG3マックス
ベンチプレス:100kg x 1(動画
スクワット:120kg x 5
デッドリフト:185kg x 1

2013年7月に筋トレを開始し、以来ずっとブログを続けています!主に自宅でトレーニングしています。ブログでは、日々のトレーニング報告や気づきなどについて書いています。よろしくお願いします。海外サプリオタクなので最近はサプリレビュー多めです笑

詳しいプロフィールは:こちら
成果報告は:こちら